甲秀樹「絵楽塾」感性を線に!生きた線を学ぼう! 第5期 2018年11月より開講

【お知らせ】

■□立体クラス開講(全12回・粘土で全身の制作!)

■□「真夏のデザインフェスタ2018」へ出展!

■□個展「夏のしぶき」のご案内

■□『甲秀樹 人体デッサン 男性ポーズ集』電子書籍にて配信中!

■□男性ヌードクロッキー会のご案内

絵楽塾 第5期 カリキュラム

〜 第6期 ご案内 〜

ごあいさつ Message from Kairakujuku

絵楽塾は、おかげさまで6年目を迎えます。
開講以来、当塾には「デッサン力」の向上を図る目的で、平面・立体の制作に携わる様々な方が学んでいます。

「人体のデッサン」は、とても難しく、ご自分の思うように進まずに悩んでいる方、そして、その創作を断念してしまった方も大勢います。しかし、そうした苦労を諦め、意欲を捨ててはいけません。

私は、デッサン力とは、確かな「観察力」とそれを表現する「描写力」と考えています。それを高めるためには、確かな感覚、豊かな感性を身に付けることが必要です。当塾では、カリキュラムを通し、ご自分では気づけない部分や課題を知り、それに取り組むことを繰り返し、デッサン力の本質に迫ります。

入塾された皆さんには、私塾だからこそ伝えられる様々なことをお話したいと思います。そして、皆さんが追求したい作品づくりにこの塾をお役立てください。ご自分の殻を破って、新しい一歩を踏み出してみませんか。

Profile

甲秀樹 -HIDEKI KOH-

1998年より、少年や青年を中心とした絵画制作を始める。東京、大阪、ロンドン、メルボルン等で、個展の開催やグループ展への参加を通して、精力的に作品の発表を続けている。甲によって描かれる少年や青年の瑞々しさ、あるいは、その傍らに佇む小動物や昆虫たちの生命を見事に表現する耽美な世界観は、常に多くのファンを魅了してやまない。人形作家としても注目され、2004年の個展「生人形展 -Hitogata-」以来、立体のみならず、付属品に至るまで、リアリズムに徹した作品が、国内外で好評を博している。
さらに、舞台やギャラリーイベントでは、役者たちへのボディペイントを手掛けるなど、多彩な活躍も見せている。
近著に『甲秀樹 作品集 〜青い旋律』(2016年)、『甲秀樹 人体デッサン ポーズ集』(2017年)がある。

主な作品展

・個展「甲秀樹 作家20周年記念展」(2018.10)【予定】
・グループ展「美しい“男”展U」(2018.4)
・“Japanese Pop Art Show”(2017.11)
・個展「甲秀樹 Art&Doll展 〜PREMIUM SELECTION〜」(2017.10)
・個展「Memory 〜青き調べ〜」(2017.8)

第6期生 募集

現在、絵楽塾は、第5期生が受講中です。
第1期より、初心者から経験者、クリエイター、イラストレーター、漫画家、人形作家の方々まで、それぞれに目的をもってご受講いただいております。
様々なご要望にお応えするため、カリキュラムを深め、オリジナルテキストの改定をおこないました。より充実した環境の中で、学んでいただきたいと考えております。

第6期は、基礎力を高める訓練を重点的におこないます。
甲秀樹が実際に、アタリのつけ方、あるいは、習作など描く場面を多く取り入れた授業を進める予定です。

お一人おひとりに、確かなデッサン力を習得していただけるよう、皆様の習熟度、ペースに合わせて、丁寧に指導いたします。
ご参加をお待ちしております。

絵楽塾 特色 -人体デッサンを学ぼう!-

当塾は、主に人体(男性)像を描くため、造るために求められる技法の基礎の習得を目指すデッサン教室です。
デッサン力は、平面(アニメーション、イラスト、漫画など)、立体も含め、あらゆる表現活動に共通します。
そのデッサンの技術を養うためには、人体の「形を正確に捉える」こと、またそのような「感覚を身に付ける」ことが最も大切です。
そこで当塾では、独自のカリキュラムや指導方法により、他の教室では経験することができない、下記の特色をもった授業を展開してゆきます。

◆独自のカリキュラムに基づくオリジナルテキストを使用!

講師自身の制作経験を生かした独自のカリキュラムによる「オリジナルテキスト(改訂版)」を用いて授業を進めます。テキストには、レジュメや資料などが収録されています。また、自習用のテキストとしても充分活用できます。

◆人体の構造をわかりやすく解説!

授業の内容に応じて、講師が実際に描きながら、人体の特徴や、描く際のポイント(身体の重心やバランスの捉え方、線の強弱やリズム等)を解説していきます。

◆個別指導で苦手を克服!

それぞれの習熟度や進捗状況に応じて、適宜、個別指導も取り入れていきますので、初心者の方も安心して学ぶことができます。

◆多彩なモデルで学びの充実!

身体の重心やバランス、骨格や筋肉の付き方を立体的に表現できる力を養うために、講師が選んだ様々な体型の男性モデルを用意します。

◆学割サービス!

学生の皆さんの学ぶ意欲を応援するため、割引制度を引き続き設けます。

◆振替受講も可能!

ご欠席の場合は、同じ回(第○回)のみ振替可能です。

◆個別指導のアドバンストクラスでレベルアップ!(準備中)

レベルアップを目指す方が対象です。

◆「第6回塾生作品展」への出品!

本講で習得した知識、技能の成果を生かして、各自のテーマに基づいた作品の制作を進めます。

■□男性ヌードクロッキー会□■

皆様からのご好評にお応えし、クロッキー会を開催しております。画力アップにお役立てください!
甲秀樹が講評、アドバイスいたします。
※詳しくは、こちらよりご確認ください。

人体(男性)の構造を理解し、生きた線の習得を目指します!

年間を通して、人体の構造を理解し、それを表現豊かな線画で描く力を養います。
当塾の授業は、男性モデルや写真などを使い、人体(全身または身体の部位)の形やバランスを正確に捉えることを重点的に学び、デッサンの基礎力を高めます。
基本的には、カリキュラムにしたがい授業を進め、皆さんの習熟度や進捗を把握しながら、より具体的な鉛筆や色鉛筆の描き方(影のつけ方や色の使い分けなど)を学びます。また、それらを通して、デッサン力の向上を図ります。
最終的には、塾生の皆さんが一人ひとり、一つの作品を制作します。一年間を通して、習得した技法を生かし、それぞれの個性で、豊かな表現の一枚を描きます。

絵楽塾 6期 カリキュラム

木:木曜日コース 土:土曜日コース

第1回 木:11/15
土:11/17
オリエンテーション 当塾で学んでいただくカリキュラムの内容、進め方、目標等を説明いたします。
甲秀樹の過去の作品(特に下絵の線) をご覧いただき、本講で学ぶことへの理解を深めます。
第2回 木:11/22
土:11/24
モデルを使ってプロポーションを学ぶ(1)

実際にモデルを前にして、人体の構造をリアルに学びます。
全身の骨格の特徴や筋肉の形状、またその動き(運動機能)の観察を通して、プロポーションの知識を深めます。
                                               
(1) 人体の骨格の特徴や筋肉の形状を学びます。

(2) いくつかのポーズを様々な角度から観察し、身体の部位や配置の構造を丁寧に確認します。 (デッサンを進めるうえでのチェックポイント)

(3) は、 デッサン力を向上させるために、全身の様々なポーズの「アタリ」のつけ方を学びます。また、人体のプロポーションやバランス、重心等を感覚的に捉える力を養います。

【モデル有】

第3回 木:12/6
土:12/8
モデルを使ってプロポーションを学ぶ(2)
第4回 木:12/13
土:12/15
モデルを使ってプロポーションを学ぶ(3)
第5回 木:1/10
土:1/12
アタリのつけ方を学ぶ アタリのつけ方を集中的に学びます。
モデルの身体を様々な角度から観察し、それを正しく表現する力を養います。

【モデル有】

第6回 木:1/24
土:1/26
モデルを使って
クロッキー (1)

モデルを使い、様々なポーズを短い時間内(10分、5分、3分、1分程度)で描きます。短時間で人体の形を正確に把握し、線で表現することを学びます。

【モデル有】

第7回 木:2/7
土:2/9
写真で描く(1)

写真を使い、人体(男性)を描きます。
講師が全身または、身体の部位の解説を加えながら描き、塾生の皆さんにも、続けて描いていただきます。

この授業では、のびのびと生きた線が描けることを目指します。(この練習の繰り返しが上達するために必要です)

(1)顔(目、鼻、口、耳)の構造についての解説を進め、描きます。

(2)首、髪の毛の特徴を捉え、描きます。

(3)全身を描きます。

(4)手と足の構造を学び、描きます。

※「写真で描く」の習熟度を深める一環として、塾生のためのクロッキー会を開催する予定です(希望者のみ)。日程などは、授業時にお知らせします。

第8回 木:2/21
土:2/23
第9回 木:3/7
土:3/9
写真で描く(2)
第10回 木:3/21
土:2/23
写真で描く(3)
第11回 木:4/18
土:4/20
写真で描く(4)
第12回 木:4/25
土:4/27
写真を使って影の表現 影の表現方法を集中的に学びます。
第13回 木:5/9
土:5/11
これまでの復習

復習(第1回〜第12回 アタリのつけ方の再確認など)と課題の指導をおこないます。

【モデル有】

第14回 木:5/23
土:5/25
モデルを使って習作

モデルを使い、鉛筆画の習作を制作します。
人体の全身及び身体の部位を感覚的に理解して、形状やバランスを考えながら、生きた線が描けるように練習します。また、影などをつけて立体感が感じられる表現も試みます。
プロポーション等を自分なりに記録として、しっかり描き残します。

【モデル有】

第15回 木:6/6
土:6/8
第16回 木:6/20
土:6/22
色鉛筆で習作を描く(1)

3回にわたり、色鉛筆を使い、習作を制作します。
※7種類の色鉛筆(水性)の特性を理解します。

(1)モデルを観察し、肌感や影などを写実的に表現することを学びます。
色鉛筆の使い方(特性と使い方を学ぶ)

(2) 頭部(顔の目、鼻、口、耳と髪の毛の特徴と表現)を描きます。

(3)、(4)全身を描きます。

【モデル有】

第17回 木:7/11
土:7/13
色鉛筆で習作を描く(2)
第18回 木:7/25
土:7/27
モデルを使って
色鉛筆で習作を描く(3)
第19回 木:8/22
土:8/24
モデルを使って
色鉛筆で習作を描く(4)
第20回 木:8/29
土:8/31
モデルを使って
クロッキー

モデルを使い、様々なポーズを短い時間内(10分、5分、3分、1分程度)で描きます。短時間で人体の形を正確に把握し、これまでに習得した線で描けるように練習します。

【モデル有】

第21回 木:9/12
土:9/14
課題の指導など 次回からの作品制作へ生かせるよう塾生の皆さんに描いていただいた「課題」に講師が指導していきます。
第22回 木:9/26
土:9/28
作品制作 「塾生作品展」に出品する作品の制作を進めます。それぞれが自由に素材を選び、男性を描きます。この一年の間に習得した内容を思い返しつつ、自分らしく生きた作品を作っていただきます。
第23回 木:10/3
土:10/5
第24回 木:10/17
土:10/19
作品制作と反省 作品制作。塾生の皆さんに、この一年で学んだことの感想と反省も話していただきます。

※内容は進捗に応じて、変更になる場合がございます。予めご了承ください。

絵楽塾 コース紹介etc

年間を通してのご受講となります。

コース クラス 授業日 時間 入塾金

授業料※1

教材費 ※2
木曜日コース
11月15日より開講
夜間クラス
各日程
記載の通り
19:00 〜 21:30 15,000円 通年 120,000円/
学生95,000円 
モデル代込
5,000円
土曜日コース
11月17日より開講
昼間クラス
14:00 〜 16:30 15,000円 通年 120,000円/
学生95,000円 
モデル代込
5,000円
夜間クラス
19:00 〜 21:30 15,000円 通年 120,000円/
学生95,000円
モデル代込
5,000円

※アドバンストクラスでレベルアップ!(準備中)

デッサンの基礎を概ね習得し、よりレベルアップを目指している方を対象としています。個別指導に特化した授業を予定。※当面は塾生対象

※2019年春に立体クラス開講予定!

粘土による全身の造形を通して、人体を立体的(写実的)に表現するための基礎をお教えいたします。
独自のカリキュラム(全12回)で、人体の構造をより深く学び、表現力を養いましょう!

クロッキー会 ※開催の日程や予約方法は、当塾サイトにてご確認ください。

各3,500円 モデル代込

-
第6期は、さらに充実したカリキュラムをご用意しました!
甲秀樹のアートスペース「GALLERY素描」でお待ちしております。

入塾対象:18歳以上の方

定員:各クラス12名程度 (先着順)

申込期間:6月16日(土)〜定員に達し次第締め切らせて頂きます。

授業内容:
【木曜日コース、土曜日コース】カリキュラムに沿った授業

授業日:各クラス記載の通り

授業料:(※1)年間の授業料(税込み)となります。
@当クラスは少人数制で運営することから、入塾後のキャンセルはお受けできませんので、ご了承ください。またご欠席分の授業料は返金できません。
A学生割引制度。学生(専門学校、大学、大学院。要証明書)に限り、授業料割引価格にしております。
B授業料の分割をご希望の方は、ご相談ください。

教材費:(※2)オリジナルテキスト、資料等(税込み)
※クロッキー帳、鉛筆、色鉛筆等は、各自ご用意頂きます。

振替授業について:欠席した場合は、定員に達していない限り、同じ回(第○回)のみ振替可能です。

絵楽塾の入塾の申込方法

下記「お申込みフォーム」より、必要事項をご入力のうえ、お申込みください。

授業料納入方法

【木曜日、土曜日コース】

お申込み後、事務局より、入塾に関する連絡(受付確認とご案内)をメールにて差し上げます。

万が一、お申込み後5日以内に事務局より連絡がない場合は、お手数ですが、「事務局」まで、お問い合わせください。
Mail:kairakujuku(アットマーク)gmail.com
  ※(アットマーク)を半角の@マークに変更しご送信ください。

◆ 留意事項
※個人情報の扱いについて
ご入力いただいた個人情報は、当塾からのご案内のために利用し、それ以外の目的には利用いたしません。

連絡先はこちら

6月16日(土)より受付開始

お申し込みフォームはこちら

絵楽塾 FAQ

Students' voices/塾生の声

■□ 男性ヌードクロッキー会 □■

皆様からのご好評にお応えし、人気のクロッキー会を開催いたします。
進行役は、甲秀樹が務め、モデルが様々なポーズを提供いたします。テーマによって、甲秀樹が実際に描きながら、人体の構造の説明やその描き方など、アドバイスいたします。
また、講評の時間を設けることも ございます。今後、ヌードの他、衣装や道具をつかったポーズ等も検討しております。

初心者から、イラストレーター、デザイナー、学生の皆さん、画力アップを目指している方、描くことを楽しんでみたいという方、ぜひ、お気軽にご参加ください。皆さまの確かなデッサン力を習得していただく機会になれば幸いです。
ご参加をお待ちしております。

※2018年のクロッキー会は、不定期開催となります。甲秀樹の個展や展覧会などの特別イベントとしてヌードクロッキー会を企画することもございます。その都度、こちらのページで情報をアップいたします。

■日程
2018年8月26日(日)
※当日の開場・受付:16時45分 / 開始:17時〜19時15分(途中、10分休憩アリ)」

会場:永谷フリースタジオ永谷Fu-+
     ※会場は、「GALLERY素描」ではございませんので、お間違いのないようお願いいたします。

定員:25名程度

◆会場のご案内
永谷フリースタジオ永谷Fu-+
新宿区歌舞伎町2-45-5 新宿永谷ビル8階

【交通】
・西武新宿線西武新宿駅より徒歩1分
・JR山手線新宿駅より徒歩7分
https://goo.gl/maps/5MqrPUZ2sKs

◆申込方法
  下記のフォームより、お申込ください。

※申込みは、「7月28日(土)13時」より受付を開始します。
キャンセルポリシー(ご一読ください)
※モデル参加人数、クロッキー会のテーマなどは、Twitter等でご確認ください。

◆参加費:各3,500円(モデル料込み)

◆お願い
 ※画材(クロッキー帳、鉛筆等)は、各自ご持参ください。
 ※モデルの撮影は、お断りいたします。また、クロッキー中の入退室、飲食はご遠慮ください。
 ※絵を描く目的の方のみご参加ください。

過去のクロッキー会に参加された皆さまの声を一部ご紹介します。(アンケートより抜粋)

お申し込みはこちらから

美術モデル 募集中

絵楽塾では、美術モデル(デッサンモデル)を募集しております。経験の有無は、一切問いません。

◆美術モデル(全身)

◆美術モデル(上半身)

※上半身のみのモデルも募集しております。

*下記「モデルのお申し込みはこちらから」より、必要事項をご記入の上、ご応募ください。
 皆さんのご応募をお待ちしております。

モデルのお申し込みはこちらから

体験レッスン

初心者、経験者を問わず、絵楽塾の雰囲気や授業に触れてみたい方、大歓迎です。
塾生と同じように、受講していただき、それぞれ皆さんの表現活動のヒントを得ていただければ幸いです。
当塾では、デッサン力(正確に物を捉える力)を高めて、表現豊かな生きた線の習得を目指します。あらゆる表現活動に通じる甲秀樹ならではの授業を体験してみませんか。ぜひ、お気軽にご連絡ください。


*下記「体験レッスンお申し込みフォームはこちらから」より、お申し込みください。追って、事務局より詳細をお知らせします。
 体験レッスン料(1回のみ)3,000円

 

※受付は終了いたしました。当塾へのお問い合わせは、事務局までお願いいたします

お問い合わせ

甲秀樹 絵楽塾

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-13 第2中江ビル6F
GALLERY 素描
都営新宿線 新宿三丁目駅(C7出口)より徒歩約2分

■取材依頼
 甲秀樹、絵楽塾に関する取材のご依頼は、当塾事務局へメールにてご連絡ください。

Mail:kairakujuku(アットマーク)gmail.com
  ※(アットマーク)を半角の@マークに変更しご送信ください。
twitter: https://twitter.com/kairakujuku
facebook:http://www.facebook.com/Hideki.Koh.kairakujuku
Blog:http://ameblo.jp/kairakujuku/

©HIDEKI KOH ONLINE